LUTZ MORRIS

デザイナーのTina Lutzは海外でキャリアを重ねた後、故郷であるドイツで3つのモットー「職人技、商品への責任、利他主義」の元、タイムレスなアイテムの制作を開始しました。
近年消滅しつつあるレザーアイテムをハンドメイドする小さな家族経営企業のサポートや、付属品などもドイツで100年以上続く小さな工場で生産されるステンレスに24Kメッキかけしたものを使用したりと、母国の職人伝統の支援に力をいれています。
出来る限り二酸化炭素排出を抑える生産方法を採用しており環境にも配慮しています。
また、バッグが1つ売れる毎に10ドルをすべての母親の安全な妊娠/出産をサポートする非営利団体「Every Mother Counts」へ寄付をしています。
 
2020年1月にはFGI(Fashion Group International)にてサステナビリティ部門のライジングスター賞を受賞。

9アイテム

絞り込み