DESIGN TALK: 04

CREATOR'S EYE

byTAPLEYElizabeth Tapley Whitcomb

デザイナーに聞く、“ものづくり”の世界 Vol.4

TAPLEY エリザベス・タプレイ・ウィットコムさん

DESIGN TALK

2019.08.05

Text: Naoko Monzen

INSPIRATION SOURCE

尽きることのないアートへの関心

エリザベス・タプレイ・ウィットコムさんが手がけるTAPLEY(タプレイ)。装飾を削ぎ落としたミニマルで有機的なフォルムのシルバージュエリーが話題の日本初上陸ブランドです。

「私のデザインは、さまざまなインスピレーションが結びついてうまれます。なかでも、美術史を専攻したこともあってアートは特別。例えば彫刻家のジャン・アルプ。彼のオーガニックかつ官能的で遊び心のある造形に惹かれます。彼の創作と切り離せないダダイズムにも強い関心があります」

「アートの探求には、インターネットも便利ですね(笑)。ひとつ検索すると、それに紐付いて世界が無限に広がります。最近だと、近年評価が高まっている彫刻家のバレンタイン・シュレーゲル。彼女を通して、同世代や同じスタイルのアーティストをたくさん知ることができました。検索のたびに“知らないこと”の多さに驚かされて、より探究心に磨きがかかります」
TAPLEY, designed by Elizabeth Tapley Whitcomb, make the very first brand appearance in Japan. Now her organic and minimalistic form of silver jewelry line is creating a buzz amongst the fashionistas.

I get inspiration from a combination of sources. I love Jean Arp’s organic shapes. He was also seemingly inspired by nature, but there is so much playfulness and sensuality in his shapes. I’m also interested in his involvement in the Dada Movement, and the movement’s belief that chaos and chance could inform their work.

I have an art history degree and I love looking at art to get inspired. I end up looking at a lot of art on the internet, and go down so many different rabbit holes with that. For example, one internet search of a sculptor, like Valentine Schlegel, will lead to endless other artists who were working in the same time period or same style. I’m always surprised about much there is still to discover!

INSPIRING ESCAPE

夢の旅先はヘンリー・ムーアの野外ミュージアム

「いつか行ってみたいのが、イギリスのヘンリー・ムーア財団(野外ミュージアム)。彼の彫刻からは、直接的にも間接的にも大きな影響を受けています。敷地内にある彼の自宅やアトリエを覗くことができたら最高ですね」
A dream destination would definitely be Henry Moore’s studio in rural Hertfordshire, England. I have always loved Moore’s work, and I think a lot of my shapes reference his sculptures, directly or indirectly. Moore’s estate has recreated his studios, and it would be so amazing to visit these spaces.

ABOUT CREATION

有機的なフォルムを、緻密に作り上げること

「アイディアが固まったら、ワックスで原型を作ります。私の作品は主にロストワックス製法(ワックスの原型にメタルを流し入れて高温で熱し、ワックスを溶かしてメタルを固める鋳造方法)によるもの。可能な限り手作業にこだわりたいですね」

「私はデザインも制作も沈思黙考。急いだり効率的に進めることはありません。妥協をせずじっくり作り上げていくことによって、シンプルな造形をジュエリーへと昇華できるのではないかと思います」
When I have an idea in mind, I slowly start carving it out of wax, which can take several days of work. I try to do everything by hand.

Rushing the design process never works for me. Making new pieces is really meditative and slow. Not to compromise is the way to make the simple molding into a well thought-out jewelry.

PROFILE

Elizabeth Tapley Whitcombさん/TAPLEY(タプレイ) デザイナー
フランス生まれのアメリカ人。コロンビア大学のバーナード・カレッジで美術史を学び、ニューヨーク大学で食品栄養学の博士号を取得。2015年から本格的にアクセサリーの制作をスタート。
https://www.t-a-p-l-e-y.com/

BRAND

TAPLEY(タプレイ)/エリザベス・タプレイ・ウィットコムさんが手がけるNY発のジュエリーブランド。自然、彫刻、スカンジナビアのミッドセンチュリーデザインなどにインスパイアされた、根源的な強さを感じさせるミニマルなフォルムのジュエリーがそろう。アイテムはすべてNYのアトリエでハンドメイド。
TAPLEYの商品一覧