DESIGN TALK: 06

CREATOR'S EYE

bySAYAKA DAVISSayaka Tokimoto-Davis

デザイナーに聞く、“ものづくり”の世界 Vol.6

SAYAKA DAVIS サヤカ・トキモト‑デイヴィスさん

DESIGN TALK

2019.09.13

Text: Naoko Monzen

INSPIRATION SOURCE

自分の心と表現の根本にあるのは、日本の美意識

NYを拠点とするSAYAKA DAVISのデザイナー、サヤカ・トキモト-デイヴィスさん。彼女の心と表現がいつも“戻ってくる”のは、自分のルーツである日本の美意識――とりわけ余白の美や未完の美だといいます。

「NYに来て、より客観的にその美しさを見つめることができるようになりました。日課にしているのが、花人 川瀬敏郎さんの著書『一日一花』を読むこと(写真1)。震災以降、毎日いけ続けられた花とそこに添えられた言葉に、削ぎ落とすことで見いだされた本質の美しさと、自然への敬愛を感じます。また、現在学んでいる茶道からは、その一瞬一瞬、ひとつひとつを愛でる心に自分のあるべき姿や表現を考えさせられます」

「多くの芸術表現に触れて、さまざまな価値観を知ることも大きなインスピレーション源。美術館を訪れたり、長期のお休みには旅行したり。例えば、ペンシルベニア州にあるジョージ ナカシマの工房(写真2)や香川県のイサム・ノグチ庭園美術館(写真3)。実際に足を運んで、自分の肌で感じることを大切にしています」
Meet Sayaka Tokimoto Davis, the designer of SAYAKA DAVIS based in New York. She says the inspiration for her heart and expression is in her roots – the Japanese aesthetic, especially the beauty of blank space and the beauty of incompleteness.

“After coming to New York, I’ve been able to see the beauty of those concepts more objectively. My daily routine is reading the book “One Day, One Flower” by ikebana artist Toshiro Kawase (Photo 1). Looking at the flowers he arranged and the words he wrote for them every day after the Great East Japan Earthquake, I feel the beauty in the essence of things when they are stripped down to the core, and his respect for nature. I am also taking lessons in Japanese tea ceremony, which has allowed me to treasure every moment and to think about what I should aspire to be and what I should express.”

“Another great source of inspiration is to be surrounded by many art forms and to be exposed to different points of view. I like to visit museums and travel whenever I have a long holiday. For example, I have visited George Nakashima’s workshop (Photo 2) in Pennsylvania and the Isamu Noguchi Garden Museum Japan in Kagawa prefecture (Photo 3). It is important for me to actually visit places and get a feeling for the place in person.”
©George Nakashima Woodworkers, Harry Bertoia(sculpture)

INSPIRING ESCAPE

ルイス・バラガンを巡るメキシコシティの旅

「昨年のメキシコシティへの旅はとても刺激的でした。メキシコ出身の建築家、ルイス・バラガンの作品が好きで、過去には彼の建築にインスパイアされたコレクションもあります」

「特にトゥラルパンの礼拝堂を訪れた時の感動は忘れられません。礼拝堂のなかは暖かい光と深い愛に包まれていて……自然と涙が出ました。自国を深く愛したバラガンによる、自然と建築の融合を目指した作品たちには、メキシコの自然や古くからの町並みを思わせる色彩が使用されています。その精神と表現に深く感銘を受けました」 ※写真1、2は現地で訪れたルイス・バラガン邸。

「また、かつて銀の採掘で栄えた“銀の街”タスコも印象的だった場所。スペイン統治時代の18世紀に建てられたコロニアル様式の白壁の家が軒を並べ、街のタクシーも白いビートル(写真3)。アンダルシアを彷彿させる街並みですが、一歩お店のなかに入るとメキシコらしい色彩豊かなタイルや壁紙。教会の装飾にもメキシコらしさが感じられ、異文化が混じり合った街の個性が興味深かったです」

「旅で得た見たことのない景色や価値観との出あいは、直接的な色形のインスピレーション以上に、感覚的に心を刺激し、高めてくれるものでした」
“My trip to Mexico City last year was very exciting. I love the works of Mexican architect Luis Barragán and have designed collections in the past that are inspired by his architecture.”

“In particular, I can’t forget the excitement I felt when I visited the Tlalpan Chapel. The chapel’s interior was wrapped in warm light and deep love … before I knew it, I was in tears. Barragán, who deeply loved his country, wanted to create works that combined nature and architecture, using colors that are reminiscent of Mexico’s nature and old townscapes. I was deeply moved by that spirit and how he expressed it.” ※photo 1, 2 are Luis Barragan House she visited.

“Taxco, often called ‘Silver City’ because of the silver mining which once flourished there, was also an impressive place. I enjoyed the colonial white wall houses built in the 18th century when Mexico was ruled by Spain and the white beetle taxies in the town (photo 3). The townscape is reminiscent of Andalusia, but once I stepped into the shops, colorful tiles and paper walls that really represent Mexico jumped out at me. I also felt the Mexican style for decoration in the church, and I was interested in the uniqueness of the town where different cultures were mixed.”
©Casa Luis Barragan
©Casa Luis Barragan

ABOUT CREATION

ものづくりがうむ輪を繋ぎ、深めることが使命

「ものづくりは、デザイナー、ファクトリー、カスタマーが繋がってひとつのサイクルが完成します。デザインをするだけではなく、それを繋げ、深めていくことが自分の使命でもあると考えています。NYを拠点としていますが、年に数回は日本各地の機屋さんを訪問したり、店頭でお客さまと直接触れ合うことを大切にしています。写真右は伝統技術と現代の技法の融合を図る京都の薗部染工さんを訪れた際のもの。2020年春夏シーズンの生地の制作風景です」
“In craftsmanship, designers, factories, and customers become connected to each other to create a circle. I believe that it is my mission not only to design, but to establish those circles and to develop them. I am based in New York, but I make sure to visit weavers around Japan several times a year and to meet customers in person at stores. The photo on the right is from a visit to Sonobe Senko in Kyoto who is trying to fuse traditional and modern techniques. It’s the fabric production scene for Spring/Summer 2020”

THE STANDARD

ブランドを代表する定番商品は?

「2015年春夏から展開しているダブルストラップドレス。このシーズンのコンセプトは“Imperfection(不完全なもの)”。タンクトップから下着のストラップが見えていることを気にも留めず、颯爽と歩く女性をNYで見かけたのがきっかけです。非の打ち所がない完璧な美しさよりも、未完の個性を自然体で楽しむ女性に真の美しさを感じます。現在もこのドレスを作り続けているのは、そんな女性像を忘れずにいたいから」
The double-strap dress that we have been selling since Spring/Summer 2015. The concept for that season was ‘imperfection’. I was inspired by a woman I saw in New York, who was walking confidently with the strap of her lingerie showing from underneath her tank top. I sense true beauty in a woman when I see someone who embraces her imperfections effortlessly, not when I see someone who is perfectly beautiful. I continue to make this dress because I want to keep the image of such a woman in mind.”

SEASON’S BEST

今季を象徴するアイテムは?

ヴィーガンレザーのジャンプスーツ。今季(2019年秋冬)のインスピレーション源は、’20~’30年代に活躍したアメリカ人女性飛行士、アメリア・イアハート。彼女が着ていたアビエーターウェアをイメージしました。当時は女性パイロットが珍しかったため、彼女は男性用の飛行服を着ていたとか。そんな彼女の凛々しさに惹かれてデザインしました。私のなかに常にある理想の女性像は、自然体で凛とした女性。アメリアをはじめ、そんな女性の生き方や考え方に触れることが表現に繋がっています」

「ヴィーガンレザーやエコファーの製品が増えてきましたが、ファッションにおいてファーとレザーはまだ生産過多、消費過多の傾向にあると思います。そんななか、私は着る側に“選択できる自由”を提供したいと考えます。 素材の技術は目覚ましい発展を遂げており、今回使用したヴィーガンレザーはレーヨンを使ったもので、上品な表情としなやかさが特徴。こうした素材の魅力も伝えていきたいですね」
The vegan leather jumpsuit. The inspiration for this season (Fall/Winter 2019) was the American female aviator, Amelia Earhart, who was active in the 1920s and 30s. The jumpsuit is based on the aviation clothes she wore at the time. She wore aviation clothes for men because female pilots were rare, and her bravery to do so inspired me to design the piece. My ideal woman has always been someone who is effortless and dignified. Learning about the lives and thoughts of Amelia and other such women has given me ideas to express myself in design.”

“The number of vegan leather and eco-fur products has grown, but I think fur and leather are still over-produced and over-consumed in fashion. That is why I want to offer people more options to choose from. The technology for making materials has made remarkable progress, and the vegan leather I used this time is made of rayon. It has an elegant feel to it and is flexible. I also want to convey the appeal of such materials through my work.”

PROFILE

サヤカ・トキモト-デイヴィスさん/SAYAKA DAVIS(サヤカ デイヴィス) デザイナー

文化服装学院卒業後、東京で5年間ニットデザイナーとしてキャリアを積み、2009年に渡米。ユナイテッドバンブーを経て、2012年にNYで自身のブランドをスタート。
http://www.sayakadavis.com/

BRAND

SAYAKA DAVIS(サヤカ デイヴィス)/オーガニックでミニマルなデザインを軸に、非日常性や意外性といった要素を掛け合わせ、暮らしに心地よさやスパイスを与えるウェアとジュエリーを展開。

デザイナーが拠点とするNYを中心に、日本をはじめ世界各国から厳選した素材を使い、トップレベルのファクトリーで制作を行う。
SAYAKA DAVISの商品一覧