STYLE TALK special edition

My Rule forTRAVEL STYLE

featuringYuri Ebihara

SPECIAL EDITION

スタイルのある人に聞く3つのルール  Special Edition

春と旅の着こなし、蛯原友里さんの場合。 後編

STYLE TALK

2020.03.23

スタイルのある人に着こなしのルールを聞く「STYLE TALK」。
この春は、蛯原友里さんをお迎えしたスペシャルバージョンをデイリー編とトラベル編の2回に分けてお届けします。
後編は旅の着こなしについて。

春と旅の着こなし、蛯原友里さんの場合。前編へ
Photo: Saburo Yoneyama
Hair&Make: Yukio Mori(ROI)
Edit&Text: Naoko Monzen

Rule 1

着心地がよくて上品な服を選ぶ

「旅は私にとって最高のリラックス法のひとつ。ウェアも、どれだけストレスフリーでいられるかがポイント。それによって1日の満足度まで変わってくるので、とにかく着心地のよさを重視します。素材と扱いやすさがカギですね。今回選んだセットアップの生地は肌触りがよくてなめらか。上品な落ち感がある点もお気に入りです」

旅のワードローブについて、蛯原さんが着心地と同じくらい大切にしているのが“着ていて気分が上がるかどうか”。「リラックスはしても、だらっとはしたくない(笑)。品があってきれいな色のアイテムに惹かれます。このピンクベージュはまさに好みの色。こういう淡めのきれい色が大好きなんです。あと、気分を上げたい時はリップも欠かせません。服や色がくれるパワーって偉大だなと思います」

Rule 2

耳元には軽くて存在感のあるものを

「今日はこれでもかというほど存在感のあるピアスを選びました(笑)。大ぶりだけど軽いのがポイント。旅に行くとき、こういう耳元のアクセサリーはいいこと尽くめなんです。荷物にならない、なくさない、シンプルな服のアクセントになってくれる……。動きやすいTシャツ&パンツなど、旅先でシンプルなカジュアルになったとしても、これをプラスするだけで華やかさがでます」

Rule 3

リングは“少数精鋭”の重ね付け

耳元に存在感のあるアクセサリーをもってきたぶん、手元はシンプルにまとめてバランスを取るのが蛯原さん流。とはいっても、デザイン性の高いリングを厳選した“少数精鋭”な重ね付けです。「ほかにない個性がありつつ、飽きのこないデザインが好きですね。例えば今日右手につけているブシュロンは、トップジュエラーなのにカジュアルな着こなしにも合うところが魅力。“記念日買い”をしていて、少しずつ集めています。他のリングとも合わせやすいので、気がつくと第2関節くらいまで重ね付けしていることも(笑)」

MY BEST ESCAPE

Q: これまでで最高のエスケープ先は?
「毎年夏に家族で行くフィンランド。なかでも、ヘルシンキから少し離れたところにある大きな湖の周りで過ごす時間が最高のエスケープ。船に乗って、湖で釣った魚をお料理して……。森に囲まれているので、そこで野菜を収穫したり、ブルーベリーやいちごを採ったりもします。義母が作ってくれるフィンランド名物のサーモンスープも絶品なんです」

「テレビもなくて、夜は本当に無音で非日常の世界。湖面に映る星や雲の美しさも息を飲むほど。東京では味わえない自然のなかの暮らしが楽しめる場所です。毎年の恒例で、ここに来たら湖をバックに息子と写真を撮るって決めています」
Q: エスケープに欠かせないアイテムは?
「Rule2でも触れた、軽くて存在感のあるピアスやイヤリング。大ぶりなものやカラフルなアイテムが多いですね。シワが気にならない素材のロングワンピースも欠かせません。荷物にならない、スタイリングいらず、動きやすくて快適と、耳元のアクセサリーと同じくいいところばかり」

「甘めで華やかさのあるデザインが好みで、パリ発のイザベルマランやmaje、デンマークのGANNIなどフェミニンでシックなブランドを選ぶことが多いですね。旅先での移動に便利なスニーカーやフラットシューズに合わせてもカジュアルになりすぎない点が魅力です」

「私、旅行の前に必ず買い物に行くんです。現地で着たいもの、つけたいものを買うことで、テンションが上がって旅の楽しみが倍増します。行く国のブランドを選んだりもしますね。あっ、行く前も買いますが、旅先でも必ず1着買います(笑)」

PROFILE

蛯原友里さん/モデル
雑誌『CanCam』『AneCan』『Domani』の専属モデルを経て、現在は『Marisol』のカバーモデルをはじめ多数の雑誌やCMに出演。ファッションやライフスタイルアイテムのプロデュース、デザインも手がける。昨年、40歳を記念して2冊の写真集を同時発売(『YURI EBIHARA 2002-2019 THE DAYS』/小学館、『YURI EBIHARA Here I am』/集英社)。
https://yuriebihara.com/
春と旅の着こなし、蛯原友里さんの場合。前編へ