DESIGN TALK: 11

CREATOR'S EYE

byNOMADISAyaka Fukiage

デザイナーに聞く、“ものづくり”の世界 Vol.11

NOMADIS 吹上 肖さん

DESIGN TALK

2021.01.29

Photo: Saburo Yoneyama
Edit&Text: Naoko Monzen

INSPIRATION SOURCE

チームだからこそうまれるアイディア

2020年春夏のデビュー以来、遊び心とクオリティを備えたバッグブランドとして注目を浴びるNOMADIS(ノマディス)。「年齢層もスキルも多様なデザインチームこそ、アイディアの源泉。自社工場をもっており、週1回のミーティングには職人も参加します。例えば、若いスタッフのユニークなアイディアに職人が技法や加工を提案したり、ベテランが機能面を肉付けしたり。チームで話し合うことでものづくりが深まります」

「ブラッシュアップを重ねてアイディアが形になっていくので、ひとつのバッグができるまでにかなり時間がかかります。チーム全員が本当に納得したものだけが商品になるんです(笑)。アトリエ併設で思いついたことをすぐに形にできるのも強み。デザインする側とつくる側、双方が意見を出し合って完成形を目指すことができる環境は、非常に恵まれていると思います」

※写真はアトリエの様子。実際に形にしてみて気づくことやアトリエにある資料、ヴィンテージパーツなどもデザインをうみだす源になっている。
Since its launch in Spring/Summer 2020 NOMADIS has garnered much attention as brand of high quality bags with a playful touch. “Our design team consists of members of various ages and skills, and is itself a wellspring of ideas. We have our own factory, and our weekly meetings are attended by craftsmen as well. At these meetings, a young member might present a unique idea, to which craftsmen would propose techniques and finishes that could be used, while another experienced member may suggest functional enhancements. Our craft is honed through discussions within the team.”

“We refine and polish ideas over and over to give them form, so a considerable amount of time goes into creating each bag. Only items that the team is unanimously and truly happy with go into production. Our workshop is right by our office so we can turn ideas into shape right away, and that is one of our strengths. I think we are very fortunate to have a setting in which both the design side and manufacturing side can make input and work together toward the final product.”

* Photo features the view of the workshop. Putting ideas into actual form leads to discoveries, and the reference material, vintage parts, and other items kept at the workshop also serve as sources of design inspirations.

INSPIRING ESCAPE

旅で出合った「色」に惹かれて

「初めての海外旅行は学生時代に行ったパリとロンドン。そこで異文化に触れて深く感動しました。旅のなかでいちばん強く心に残るのは、色。建築物からお菓子のパッケージまで、その国や場所ならではの色に惹かれます」

「なかでも特に印象的だったのは、5〜6年前のスペイン出張。バルセロナから仕事先までのトランジットに時間があり、急遽サグラダ・ファミリア(写真)とグエル公園に行くことにしました。その色使いとディテールに衝撃を受けて、人を感動させたりハッピーな気持ちにさせたりする色やデザインって、素敵だなと改めて思いましたね。直接ではなくても、そうやって旅で得た刺激がものづくりに反映されています」
“I took my first trip abroad back when I was a student, and I visited Paris and London. There, I was exposed to culture that was foreign to me and was deeply moved. What impresses me the most during trips are colors. It is the unique colors of the country or places that I visit that fascinate me; the colors of everything from architectural structures to confectionery packaging.”

“One particularly striking experience was a business trip to Spain about five or six years ago. I had extra transit time in Barcelona before departing for my business destination, so I decided on the spot to visit Sagrada Família (see photo) and Park Güell. I was stunned by their colors and details, and it made me reaffirm that colors and designs that move people and make them happy are wonderful. The stimulating experiences of such trips are reflected in my creations, even though their influence may not be direct.”

ABOUT CREATION

職人から若手まで、一丸となったものづくり

「ノマディスのものづくりはチームありき。商品化にあたって基準にしているのが、メンバーから『おもしろい』という言葉が出るか否か。奇抜という意味ではなくて、ほかにない魅力があるバッグをつくりたいですね。その一例が私たちの特徴的なディテールのひとつ、フリンジ。広く浸透している加工ですが、形状や色を変えたりとアップデートを続けています」

「兄でもある社長がものをつくることが大好きで、現在はなくなってしまった技法を含めて日本の生産背景を大切にしたい、若いスタッフにも学んでほしいと考えています。それがデザインチームにも浸透して、みんな率先して工場で職人さんに質問をしているんですよね。そうして技法や素材についてリアルな知恵を得て、バッグにいかす……職人さんとのコミュニケーションには、ものづくりのヒントがたくさんあります」

※写真はアトリエでフリンジバッグを形にする様子。
“The team is all important in the creative process of NOMADIS. The criteria for putting an item into production is whether or not team members describe that item as interesting. By interesting, I don’t mean eccentric. We want to make bags with the kind of charm that cannot be found elsewhere. One example of such charm is our characteristic fringe detail. It is a very common finish, but we are constantly updating it in ways including changing the color or shape.”

Our company’s president, my elder brother, is very fond of crafting things. He wishes to honor Japan’s manufacturing structure, including techniques now lost, and hopes that our younger staff members will learn about it. That thinking is shared by the design team, so everyone actively askes the craftsmen questions at the factory. This allows us to gain practical knowledge of techniques and materials, which can then be applied to designing bags. Communication with craftsmen is a source of a great deal of creative ideas.”

* Photo features a fringed bag taking shape at the workshop.

THE STANDARD

ブランドを代表する定番商品は?

「冒頭のポートレートでも写っているトートシリーズ『Arles』(アルル)と、フリンジが付いた小ぶりのレザーバッグが定番です。バッグを選ぶとき、軽さって重要ですよね。大きなトートはキャンバスやナイロン素材で軽く仕上げつつ、ハンドルに馬蹄モチーフのレザーをあしらっています。ラッキーチャーム的な意味もありますし、リアルレザーのパーツを添えることでシックな着こなしにも馴染みやすくなったのではないかと思います。機能性もデザイン性も重視したい、そんな大人に向けたトートです」

「一方、レザーバッグは小ぶりで軽く、着こなしのアクセントになるようなデザインと色使いに。写真の上と下は3段フリンジの『BETTY』(ベティ)。中央2点はフリンジに手作業でひねりを加えた『DANCE』(ダンス)。どちらも定番シリーズです。ある時、ふとインテリアのタッセルが気になって、レザーや紙を使ってあれこれバッグを試作したんです。フリンジのひねりはそのなかからうまれました。自分はデザイン画を起こすのではなく、まず手を動かすタイプ。そのほうが、アイディアがより早く形になります」
“The Arles series of totes featured in the portrait at the top of the page, and our fringed small leather bags are our signature standards. When choosing bags, weight is an important factor, right? So our large totes are made of canvas and nylon material for lightness, with handles adorned with horseshoe-shaped leather trimming. While serving as lucky charms, the horseshoe trim in premium leather makes the bags go well with stylish outfits. These totes are for sophisticated customers who value both functionality and aesthetics.”

“The leather bags, on the other hand, are small and light, in designs and colors that accent outfits. The photo at top and bottom show our BETTY bags with three tiers of fringes. The photos in the middle show DANCE, which have fringes with a hand-twisted finish. Both are our signature standards. Some time ago, tassels for interior decoration caught my eye, and I was inspired to make several sample bags using leather and paper. That was how the idea of twisted fringes was born. I don’t start from design drawings. I am much more a hands-on kind of person. For me, that is a much quicker way to turn ideas into form.”

SEASON’S BEST

今季を象徴するアイテムは?

「初登場の新作『PULI(プーリー)』。バイカラーでアシンメトリー、色と長さに変化をつけたフリンジバッグです。写真のようにフリンジをランダムに結ぶのもおすすめ。ぜひ自分らしさをプラスして楽しんでください。シリーズ名の由来は犬のプーリー。ほかのバッグも含めて、スタッフとお客様の間に会話がうまれるような名前をつけています。ただの商品ではなくて、愛着をもっていただけるものをつくっていきたいですね」
“Our brand new series, the PULI. Bicolored and in an asymmetric design, these bags feature fringes of varying lengths and colors. The fringes can be randomly tied as shown. Feel free to add your own twist and enjoy. The name of the series comes from the Puli dog. All of our bags are given names that would stimulate conversation between salespeople and customers. I don’t want to create things that are merely products. I want to make bags that people will cherish.”

PROFILE

吹上 肖さん/NOMADIS(ノマディス) クリエイティブディレクター

文化服装学院スタイリスト科を卒業後、ユナイテッドアローズに入社。ショップスタッフを経てアクセサリーバイヤーとしてキャリアを積んだのち独立。2018年秋冬に自身のバッグブランド、ア ヴァケーションをローンチ。2020年春夏にデザインチームとともにノマディスをスタート。

BRAND

NOMADIS(ノマディス)/2020年春夏からスタートしたバッグブランド。名前は「ノマド(遊牧民、流浪の者)」と「THIS(この、これ)」を足した造語。自由におしゃれを楽しむ大人たちに向けて、その時々の気分やシーンにマッチするバッグを提案する。

“チープシックにそして心はリッチに”というコンセプトを掲げ、大人の遊び心を取り入れつつクオリティ、色、ディテールにこだわったバッグづくりを心がけている。
https://www.nomadis.jp/
NOMADISの商品一覧